古宇利大橋を通る時は海の上を走っているかのよう

沖縄といえば色々な場所に絶景スポットがあるものなのですが、そんな中でも特に有名なのが古宇利大橋からの眺めということになるでしょう。車移動ならば絶対に体験しておきたいところです。
もちろん、歩いて渡るというのも可能にはなりますが、やはりドライブ中に渡るというのが一番オススメになります。景色の良さに目を奪われて脇見運転をしないように注意しましょうね。

綺麗な海が見たいなら

古宇利島と屋我地島を結んでいるのが古宇利大橋なのですが、この辺りの海の綺麗さというのは本島の中でもトップクラスだと言うことができるので、誰しもが納得の水質だと言えます。
本土では考えられないほど透き通っている海に掛けられいる橋を車で渡る時には、まるで海の上を走行しているかのような錯覚に陥ることが予想できるので、是非とも試してみましょう。
しかし、ただ移動手段として使うのは勿体ないとも言うことができますし、時間に余裕があるのならば古宇利島で一休みをしていくというのも定番の観光ルートだと言うことができます。

橋の付け根には駐車場も用意されていることになるので、少しばかり時間を割いてビーチに足を踏み入れてみるのも、きっと楽しい思い出になるでしょう。ぶらり下車も旅の醍醐味ですよ。

島での遊びも充実させよう

古宇利島は小さな島だと言えるかもしれませんが、だからといって立ち寄る価値が無い。ということにはなりません。沖縄らしい古民家があったりサトウキビ畑があったりとのどかな雰囲気です。
観光客の人たちもたくさん訪れていますし、思い思いにビーチで遊んでいたりもするので、楽しそうな声につられて覗いてみたが最後、数時間は滞在してしまうことになるでしょう。
特にそんな予定はなかった・・・。という人だとしてもビーチ用品のレンタルもされているので、その気になれば朝から夕方までたっぷりと遊び尽くすことが可能だと言えます。

思わず夢中になる魅力が

成長していくに従ってあまり海に遊びにいくことは少なくなってしまうかもしれませんが、沖縄の海では20代後半くらいの人たちが子どもの頃に戻ったように、はしゃいでいる姿を目撃します。
やはり常夏というイメージは常にありますし、9月半ばに訪れたとしても本土とは違ってまだまだ海遊びができるシーズンということになっているので、嬉しくなってしまうんでしょうね。
誰もが童心に還って遊ぶことができる場所というのは、現代の日本では非常に少ないと考えることができるので、訪れる際には周りの目は気にしないで楽しみ尽くすことにしてください。